だから、天然木

HOME > だから、天然木

だから、天然木 カスタムハウス.モトキが提案する天然木の家

あたたかく、やわらかい。 木のぬくもりとやさしさ。気のせいでは、ありません。
香りの効果 毎日、癒しの森へ帰る。そんな暮らし、あります。
身体にもやさしい あなたを、木が守ってくれる。そんなやさしい住まいです。
実は長持ち 日本の木造住宅は寿命が短い。いいえ、それは誤解です。
だから、天然木/あたたかく、やわらかい。

元木の「天然木の家」

当社ではヒノキ・杉・桐・アカマツなどの天然木無垢材を使用することを推奨しており、「木のぬくもりとやさしさ」を常に実感できる暮らしをご提供しています。

木のぬくもりとやさしさ。気のせいでは、ありません。

木は、自然がつくった断熱材

寒い冬の日に、コンクリートや金属に触れると
思わず手を引っ込めてしまうほどに冷たくなっています。
でも、同じように木に触れた時のことを思い出してください。
きっと誰も、それほどに冷えた木なんて触ったことがないはず。
反対に、お鍋の柄や鍋敷に木が使われていることなら、
皆さんもご存知のことでしょう。
そう。木は自然がつくった「優れた断熱材」なのです。

空気を含んでいるから、あたたかい。

木の高い断熱性能の理由は、その内部構造にあります。
実は、よく乾燥した木材ほど、水分が抜けて空気を含んでいます。
乾燥木材は内部に無数の細胞を持っており、
その細胞ひとつひとつが空気で満たされています。
その空気が木の熱を伝えにくい性質を生みだしているのです。
寒い冬、ダウンジャケットを着るととても温かく感じます。
木が温かいのも、それとまったく同じことです。

柔らかいことは、やさしいこと。

表面をコーティングしてしまう合板の床とちがい、
冬は素足で過ごせるほどほんわかと温かく、
夏は汗もベトつかずにひんやりと気持ちいい天然木の床。
その心地よい感触は、木本来の断熱性に由来しています。
しかし、天然木の感触の特長はそれだけではありません。
たくさんの空気を含む木材は、他の素材に比較すると
クッション性にも大変に優れているのです。

だから、天然木/香りの効果

元木の「天然木の家」

ご家族が快適に暮らせるためにも、当社は天然木の家にこだわり続けています。木の持つ本来の力を活用して、心身ともに心地よく、健康的に暮らすことができる「癒しの住まい」をご提供しています。

毎日、癒しの森へ帰る。そんな暮らし、あります。

家にいながら、森林浴。

忙しい日常から離れて、身も心も癒される森林浴。
その効果には「木の香り」が大きな役割を担っています。
木の香り成分のひとつである「フィトンチッド」は
人の心身をリラックスさせてストレスを抑える効果を持ちます。
自律神経を安定させ、快適な睡眠や作業効率の上昇など
木の持つ香りが人にとって有益であることも実証されています。
天然木の家なら、その森林浴効果を我が家で得ることができるのです。

木は天然の抗菌消臭剤です。

「フィトンチッド」は、木が自らを細菌や害虫から守るために
放出している自衛手段のひとつだと考えられており、
抗菌・防虫・防カビなどにも高い効果を発揮します。
木製のまな板や、食品保存に葉っぱを用いる方法も
この効果を生活に取り入れた、昔ながらの知恵です。
また、抵抗力の弱いお年寄りや乳幼児が利用する病院や保育園で
内装材に天然木が多用されるのもこの理由からです。
さらに、ヒノキ・マツ・ヒバの香り成分にアンモニア臭を通すと
その悪臭のほとんどを消してしまう消臭効果も実証されています。

住まいの「現代病」も癒す家。

古くから日本の家は天然木を活用した住まいでしたが、
現代では家の工業製品化、化学物質の多用が進みました。
その悪しき副作用が「シックハウス症候群」です。
今あらためて見直されている天然木の家は、
シックハウス症候群の原因となる化学物質の使用を
はじめから最小限に抑えていることに加え、
さらに木が持つ浄化作用によって原因物質を吸収し
大幅に減少させる効果も備えています。

だから、天然木/身体にもやさしい

元木の「天然木の家」

心身によい効果を持つ天然木で建てられる当社の住まいは、アトピーや喘息などの健康被害の原因となる湿気・カビ・ダニなどの発生を抑え、シックハウス対策も万全の「健康に暮らせる住まい」です。

あなたを、木が守ってくれる。そんなやさしい住まいです。

木は、家族の目や耳を守る。

地球に降り注ぐ紫外線は、人体に悪影響をもたらします。
夏の日焼け、つまり「やけど」がわかりやすい例ですが、
一年中降り注ぐ紫外線が、人間の皮膚や目に
悪影響をもたらすことが心配されています。
木には、紫外線を反射せずに吸収する性質があります。
また木は、耳への影響が懸念される高音も
適度に吸収してくれる性質を持っています。

万病のもと「冷え」を、木が防ぐ。

マウスを「木・コンクリート・金属」の3つの箱で飼育し、
生まれた子マウスの成長と母子の行動を観察した実験では、
子マウスの生存率は、木が85%・金属41%・コンクリートで
わずか7%だったとのことです。木の箱で生まれたマウスは
もっとも生存率が高く、発達もよいという実験結果でした。
そして、その差の要因は「冷え」であると結論づけられています。
私たち人間においても、平温が低い低体温症の人が増えています。
天然木の住まいが、その問題を解決してくれるかもしれません。

※詳細は「生物学的評価方法による各種材質の居住性に関する研究」を参照。

木は病気からも守ってくれる。

健康についての木の効用を示すこんなデータもあります。
「木造校舎・鉄筋コンクリート(RC)造校舎・内装木質校舎」の学校で
インフルエンザによる学級閉鎖のあった割合を比較したところ、
木造校舎の10.8%に対し、RC造校舎は22.8%と高い割合を示しました。
しかし、内装の一部に木が用いた校舎ではそれが12.9%まで下がりました。
つまり、インフルエンザの予防に木が大きな効果をもたらしているのです。
同様に介護施設を対象とした調査でも、木材利用の多い施設の方が
インフルエンザ罹患者や不眠症状の入居者が少ないという結果が出ています。

※参考資料:「木材の住化学」有馬孝禮 著

だから、天然木/実は長持ち

元木の「天然木の家」

良く乾燥させた無垢材は、将来に向けて強度が緩やかに上がり続けます。当社では、ヒノキをはじめとする天然木を用いた住まいで、これからもずっと安心できる暮らしをご提供しています。

日本の木造住宅は寿命が短い。いいえ、それは誤解です。

本来は、世界に誇る長寿命住宅です。

現在、日本の木造住宅の平均寿命は29年と言われています。
これは先進諸国の中では非常に短命であることを示す結果です。
「日本の住宅は寿命が短い」。これは、残念ながら事実です。
しかし、「日本は木造住宅だから寿命が短い」のではありません。
日本に数多く残る神社仏閣を引き合いに出すまでもなく、
昔ながらの日本家屋には、築100年を越える建物も多く見受けられます。
本来木造住宅は、我が国が世界に誇る「長寿命住宅」なのです。

家を使い捨てる時代は終わりました。

同じ木造なのに、昔の日本家屋と現代の住宅とでは、
どうしてこれほどまでに寿命の長さが違うのでしょうか。
我が国では、戦後から高度成長期にかけて
それまで「手間がかかってあたりまえ」だった住まいづくりに
「早く・安く・多く建てること」の追求を続けてきました。
あらゆる技術が飛躍的に向上した時代でしたが、その技術を用いて
「耐久性」ではなく「生産性」の向上を追い求めてしまったのです。
昭和40年代、我が国の住宅着工率は最高を記録しました。
そして、その時代の家々が冒頭の短寿命の原因となっているのです。

日本人と木は、切っても切れない仲でした。

世界の国々がそうであるように、日本でもまた
その土地の気候風土に適した住まいが発達してきました。
四季があって高温多湿、降雨・積雪が多く台風も地震も多い。
そんな日本の気候に最適な住まいが木造住宅であり、
さらにそこには先人たちの智慧も随所に積み重ねられています。
「人」に「木」と書いて、「休む」。
そこには長い歴史を持つ人と木の親密な関係が言い表されています。
天然木の住まいこそ、日本の家族が長く安らぐ器にふさわしい。
私たちモトキは、これまでもこれからもそう信じています。

PAGETOP